シングルマザーの仕事と給料|育児と両立する方法

MENU

給料を稼ぐための仕事についてシングルマザーは何してる?

給料を稼ぐため、シングルマザーが仕事で何してるかの疑問を持つ方も多いですが、仕事の種類は個々の女性で様々であると言えます。
慰謝料や養育費がある場合、それらで足りない生活費を計算して仕事をしなければなりません。
ただし、大卒の新入社員のような扱いは当然ながらしてもらえませんので、パートや派遣をかけもちで行っている場合も多いです。
コンビニのパートと保険の営業の派遣といった場合、仕事に出かける時間や帰宅時間がバラバラで、近所の人に「あの人は仕事は何してる人か?」と不思議に見られることも珍しくありません。
しかしシングルマザーである以上、給料を稼ぐためにはそういった噂を気にしている場合ではないのです。
また、給料を考える場合、時間当たりの単価が高いことも魅力で、シングルマザーの中には時給を重視して働いている方もいます。
そうすることで、子供と接する時間ができることになるので、子供と遊んだりすることも可能といった具合になっているんですね。
昔に比べて女性が働く場所は多様化しており、「あの人は毎日何してるのか?」と近隣の方に思われている女性が思わぬ職場で働いていてそこそこの給料を稼いでいるといった例もあるのです。

 

 

シングルマザーの仕事が続かないのは何に辛いからか?

シングルマザーは仕事をして自分が子供を養って行かなければならない場合が多いですが、その状況が辛いということで働くことが続かないケースも多いです。
辛い理由はさまざまですが、心理的な負担が大きな要因と言えます。
普通の主婦の場合、旦那さんが働くわけですから基本的に奥さんは家にいます。
働いても短時間のパート程度で家事に負担がかからないことを考えて働けばいいのですが、シングルマザーの場合は毎月一定の収入を稼がなければならないプレッシャーもあるのです。
それにプラスして食事や洗濯などの家事もしなければなりませんので、必然的に仕事がしんどくなるわけです。
また、シングルマザーは将来への不安も抱えています。
自分が高齢になった場合、今の職場で働き続けることが可能かどうかも心配です。
男性は一生働くことを前提に就職していますが、女性はそうでない方もいます。
離婚を機に初めて社会で仕事をして辛い思いを経験した方も多いですから、そういった場合は同じ職場で続かないことも珍しくありません。
従って心の支えになる恋人を探すことも悪くありません。
再婚まで行かなくても支えがあれば仕事が続かないといった悪循環からは抜け出せる可能性があるからです。

 

 

シングルマザーが仕事と育児を両立する方法とは?

シングルマザーが仕事と育児を両立するためには、生活のメリハリに気をつける必要があります。
仕事をするときとプライベートの境目があいまいだと、生活にメリハリがなく、だらだらとした生活になるでしょう。
生活内容は同じでも、はっきりと境界線を引くことで、全く違った生活になります。
とくに仕事と育児のように、接する相手が変わるときは注意が必要です。
シングルマザーで働いていると、職場の感覚のまま家庭のことをしてしまい、うまくいかないことがあります。
職場の人と子供は違うことをまず意識してください。
両立を頑張るあまり、無理をしてしまうシングルマザーは珍しくないです。
毎日のように努力するのはいいのですが、ときにはリラックスする時間を設けましょう。
仕事と育児を両立するためには、精神のオンオフをしっかりする必要があります。
必要なときはしっかり頑張り、手抜きをしてもいいときには休みましょう。
一日中、心が張り詰めていると、子供にもピリピリとした空気が伝わってしまいます。
ときには子供と一緒に遊んだりするなど、精神面での切り替えをするようにしてください。
オンオフの切り替えをしっかりとすることが、仕事と育児を両立するコツです。

 

 

子供が小さい為仕事ができないシングルマザーはどうしたらいい?

子供が小さい為なかなか仕事ができないというシングルマザーの方は多いですよね。
一生一緒にいようと思って結婚しても結婚前には見えなかった面が見えてきて上手くいかなくなったり、子供が小さくても離婚するしか選択肢がない事もあると思います。
シングルマザーの貧困とテレビなんかでもよく取り上げられていますが、実はシングルマザーはシングルファザーより優遇されているって知っていますか?
子供が小さいと仕事を続けにくかったり見つけにくかったりするのは男性も女性も同じだと思います。
けれど、今のところシングルマザーだけが控除されるものや助成されるものなんかもあるので、貰えるものはしっかり貰えるようにきちんと調べる方がお得です。
それと最近では子供を連れて出勤できる仕事もあるんです。
小さい子でも歩ければ大丈夫で、ママが働いている横のキッズスペースで子供を遊ばせておけるという仕事がテレビでも取り上げられた事があります。
休憩中にオムツを交換したり授乳をしたりできるそうです。
保育料はかからないので、働いた分は全部お給料でもらえるなんてシングルマザーにとって夢のような職場だと思います。
時代に合わせてこういった職場がこれからどんどん増えて行くと良いと思いますよね。

 

 

在宅の仕事で気をつけること

シングルマザーであろうとなかろうと、最近はさまざまな在宅ワークの選択が広がっていますよね。
でも、シングルマザーであるからこそ、在宅という仕事の形態を選び、なるべく子供と多くの時間を過ごしたいと思うのは当然のことです。
在宅の仕事といっても色々ありますが、共通して言えるのは、それのみで食べて行けるようになるには、大変な苦労もあるということです。
例えば英語などの外国語が得意な人なら、翻訳の仕事という選択もありますよね。
でも、いくら英語が得意でも在宅はそれだけでは務まらいこともあります。
仕事を取ってくる営業から何から、全部ひとりでやらなければならないこともあるのです。
後は家事とのバランスも大切ですよね。
翻訳など集中力が必要な時に、子供のお迎えやら夕飯の支度やらで、せっかく乗っていた仕事を中断させなければならないこともあるでしょう。
それに定時というものがないので、オンとオフの切り替えができない人にとっては拘束時間が1日中ということになります。
とはいえシングルマザーにとっては在宅業務は魅力です。
最初はパートなどと並行して行い、十分稼げるノウハウを持ってからシフトするという手段もありますよね。
これだけたくさんの選択肢が広がった現在、自分に合うやり方を見つけることはきっと可能です。

 

 

関連サイトの紹介

シングルマザーの仕事で生活費が足りなくなり、借金をしてしまうこともあるかもしれません。
それを繰り返していると、気がつけば多重債務状態になっていることも。
そんな借金苦の状態になったときに参考になるサイトを紹介します。

 

借金苦を解決